2015年01月18日

Twitter:24ヶ月 ⇒ FACEBOOK:10ヶ月 ⇒ tsu:1ヶ月!!!



Followmatic XY >


フォローマティックXY


*********************************************


「tsu」と書いて「スー」と読む最新SNSが熱い

SNS史上最速で100万人を突破!!

あの男も動いているとか・・・


・・・あの男とは誰か?

下記の過去記事がヒント


・与沢さん〜 頑張って!

・最近の与沢さん配信メール(に思う)





にほんブログ村





・tsu : 1ヶ月

・Instagram : 2.5ヶ月

・FACEBOOK : 10ヶ月

・Pinterest : 20ヶ月

・Twitter : 24ヶ月

・Tumbler : 24ヶ月



本日のタイトルを
より詳細に述べると
上記の通りとなります。

期間は
各ソーシャルメディアが

100万ユーザーを獲得するまでに

かかった期間です。

*

ご存知の通り
フォローマティックは
あくまで
Twitterに特化したツールです。

tsuでは使えないことは
申し上げるまでもありませんが・・・

念のため。

*

では
何故に
競合SNSの記事を投稿するのか?

その答えは
今後のSNS業界に於いて
重要な役割を担うであろう
競合SNSに関する情報が
有用でないはずがない!
と確信するからです。

*

実際のところ

隣の家の芝生は
より緑が綺麗に見える・・・

という心理状態の皆様も
少なからず
いらっしゃるのでは?

との推察も
無きにしも有らずです。

*

まあ
ここまで熱く騒がれると
最新SNSなんか興味が無いよ!
と言い切るのは嘘になるかと・・・

やはり
気になりますよね。

やはり
迷いますよね。。。


このまま
Twitterを続けるべきなのか?

もう
Twitterは辞めて
tsuに乗り換えようか〜

とまではいかなくても
興味は津々で・・・

という皆様の
前向きな興味にお応えしたい
というのが本来の趣旨です。

*

Twitterで成功するために
tsu攻略情報を入手する!

という
柔軟性のあるスタンスは
成功へ向けての有効的な発想
なのではないでしょうか。





Twitter(ツイッター) ブログランキングへ




ここで敢えて
現時点でのtsuに対する
個人的な見解 ( ちょっと気になる部分 )
を述べさせて頂きますと

・アムウェイ式
・ねずみ講式

などと評される
収益発生モデルが
今の日本では
どういう立場に置かれるのかな???

と考えずにはいられません。

*

これを
逆に考えれば

化けの皮が剥がれるまでは
早い段階で
tsu参入しておくべきだろう

ということにもなります。

*

あと
超ミクロな視点とはなりますが

報酬の支払方法が
「 ドル建小切手 」
になりそうだとかで・・・

ドル建小切手を日本円に交換するには

・外貨建小切手取り扱い事務手数料
・為替交換手数料

などの手数料
という負担が発生します。

もちろん交換時における
円ドル相場の動向にも
大きく影響を受けます。

このような細かな点を考慮すると
日本円での純利益ベースで稼ぐのは
運勢も必要かと・・・

*

結論としましては

稼ぐことよりも
SNSとしての機能に
注目していきたいと思います。

*

大局的な理論においても

開始されたばかりの最新SNSに
早い段階から参入しておいて
( 少なくとも )
損することは無い!

と世の大勢が
賛同していますので・・・

*

以上
あくまで
現時点での私見となります。







下記は 「 あの男 」 の言葉を引用させて頂きました。


*


スタート時期の
ネット環境の普及状況に違いがあることを考えると、
単純に比較はできませんが、

これだけ巨頭メディアが君臨する後発の中で、
1ヶ月で100万ユーザーを獲得したとすれば、

これは確かに
快挙と言わざるを得ないと思うのです。


上記サイトが
アメリカ初であることからもわかるように、
ソーシャルは、やはりアメリカ発が強いです。


その理由は、
英語であることの人口カバー率です。

英語は、
約80の国で使われており、
世界で最も多くの国で使用されている言語です。

人口を多くカバーするということは、
黒字化が早く、
スケール(拡大)もしやすいわけです。

黒字化がしやすく、
拡大がしやすいとなると、
資金調達できる額も大きくなり、
ユーザーにとっての便利な機能追加や改善が行われる
速度も早くなります。


*








タグ:tsu,スー
posted by followmatic at 20:50| XY:SNS業界動向:tsu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする